薬剤師求人協会高給/薬剤師求人サイト好評ベスト5社

MENU

薬剤師求人協会高給/薬剤師求人サイト好評ベスト5社

薬剤師求人協会、薬剤師求人サイトの好評ベスト5サイトを厳選しました。薬剤師求人協会おすすめの公式サイトです。リクナビ薬剤師は人材紹介会社として最大手のリクルートのグループ会社が運営する認知度No.1の薬剤師転職サイトとして転職活動には欠かせません。日本最大級、35,000件以上の求人数と薬剤師専任のキャリアアドバイザーの徹底サポートで転職支援実績No.1を誇ります。また年収200万円アップの高額求人など希望に合った選りすぐりの非公開求人を紹介してもらえます。薬剤師転職ドットコムは大手薬局チェーン店の関連会社、メディウェルが運営する内定率No.1の薬剤師専門の転職支援サイトです。医療関係に通じ、その独自のネットワークから、大手から小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院の薬剤師募集の中から、納得できる転職先を紹介してくれます。マイナビ薬剤師は20代の支持率の高い総合人材会社マイナビの運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。楽天リサーチ調べで2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

薬剤師 転職 協会サイトランキング/ベスト5

リクナビ薬剤師

薬剤師求人協会サイト/第1位

koushiki

薬剤師転職ドットコム(メディウェル)

薬剤師求人協会サイト/第2位

koushiki

マイナビ薬剤師

薬剤師求人協会サイト/第3位

koushiki

薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬剤師求人協会サイト/第4位

koushiki

ファーマジョブ

薬剤師求人協会サイト/第5位

koushiki

薬剤師の仕事

薬剤師求人協会

 

薬剤師とは、医薬品の専門家です。一般的には、調剤薬局で勤務し、医師の処方した薬品を患者さんに提供するのが職務です。最近では、医療とこの薬品調剤が分けて考えられる医薬分業が進み、医師の処方箋は、どの調剤薬局、または処方箋受付のドラッグストアーでもてにすることができます。そのため、薬剤師の仕事の場は広がっています。

 

仕事の内容としては、医師の処方箋の通りに正しく薬を調合し、患者さんに提供します。それに合わせて、患者さんに対し、薬の正しい服薬の仕方などを指導するのも、薬剤師の大切な職務です。患者さん一人一人、体質やその時の状況が異なってきます。なので、体質によるトラブルがないか、妊娠の可能性がないか、などを細かく確認した上で、適切な服薬の指導を行わなくてはいけません。また、通院している方には、その薬を飲み続けていて、何か変わった事などないかなども確認しなくてはいけません。また、その患者さんの薬歴の管理も重要な職務です。近年では、調剤薬局で、お薬手帳で患者さん本人にも自分の薬歴が一目でわかるようになっています。医師と連携して、患者さんにあった薬を提供する役割があるのです。

 

薬剤師の仕事の場は近年では、大きく広がってきています。病院や調剤薬局だけでなく、企業や店舗でも活躍の場があります。最近ではドラッグストアーで勤務する薬剤師も増えています。処方箋受付のドラッグストアーでの勤務などがその例です。お客様からの薬に対する相談を受けたり、市販薬の販売へのアドバイスなども行っています。その他の勤務場所として、企業での薬品開発や、研究機関での薬品研究など様々な職場があります。

 

薬剤師はどうして転職するの?

薬剤師求人協会高給

 

薬剤師というと給料が高く魅力的な仕事ですよね。でも、どんな仕事でもそれぞれの事情で転職していく人がいます。ここでは薬剤師の転職理由についてまとめました。

 

・人間関係
 薬剤師の転職理由に常に上位にあるのが人間関係です。狭い人間関係の中では人と足並み合わせる事も大変です。お互いの干渉具合ではトラブルにもなります。それが、自分には関係ない事でも人が少ないので自分には関係ない、と放っておく事も難しいのです。結局自分も巻き込まれる形になります。

 

・ドラッグストアで働く薬剤師の転職
 ドラッグストアで働く薬剤師にも人間関係で悩んで転職というのはあります。ただ、ドラッグストアの場合、薬剤師同士ではなく、従業員やお客さんとの間で悩む事があるようです。皆さんも分かるかもしれませんが、ドラッグストアで働く薬剤師は多くはありません。1店舗に一人という事が多いです。そのため、ドラッグストアの従業員や販売員、バイトの人達と仕事をします。同じ薬剤師の仲間がいませんから、なんとなく孤独感を感じる事になります。また、薬剤師としてのプレッシャーも大きいでしょう。また会計や品出しをする事もありますから、これは薬剤師の仕事ではない、と苦痛に感じる人もいるのです。

 

・病院や企業の薬剤師の転職理由
 ドラッグストアや調剤薬局などは完全週休2日制、残業なしなどの条件で働ける所も多いです。しかし、病院や企業の場合はそうはいかないです。ですから、結婚や出産を機に辞めて、調剤薬局やドラッグストアに転職する女性の薬剤師はいっぱいいます。さて、それぞれ転職理由を見てきましたが、やはり薬剤師ならではの理由もありましたね。薬剤師は給料が高いなどの光の部分だけではなく、影の部分を知る事もこれから薬剤師を目指す人は必要ではないでしょうか。

 

採用前に聞いておきたい、調剤薬局ごとのカラー

薬剤師求人協会サイト

 

薬剤師の仕事は調剤・投薬だけでなく、「その薬局のルールやカラーに合わせる」ということが必要です。なぜなら、他の薬剤師や事務員との連携が、仕事を円滑に行う上で重要だからです。採用されてから、「この薬局の雰囲気は、自分には合わなかったなぁ…。」と後悔しないように、事前に薬局のカラーを見極めるヒントをお伝えします。

 

薬局は、大きく分けて「個人薬局」と「チェーン薬局」の2種類に分けることができます。大まかな傾向として、個人薬局の薬剤師は年齢層が高め、チェーン薬局の薬剤師は年齢層が低めといえるでしょう。また、薬局の雰囲気を大きく左右する存在が、薬局長です。薬局長が男性か女性か、若齢か高齢かによっても、薬局内の雰囲気はガラッと変わることでしょう。

 

厚生労働省の調査では、現在、薬局で働く薬剤師の男女比率は男性が30%、女性が70%ということですので、中には女性薬剤師しかいないという薬局も当然存在します。一概に言うことはできませんが、やはり、男性薬剤師は同じ性別の薬剤師がいた方が、仕事上の悩みや相談も分かち合いやすいと思います。

 

あらかじめ求人要綱に記載されている、1日あたりの平均処方箋枚数や電子薬歴の有無、門前病院の診療科等も、求人に応募するにあたっての手がかりとなりますが、その他にも、薬局長の性別や、その薬局の男女比率、年齢層等を聞いておくことは、重要といえるでしょう。面接の最後に、質問として聞くことをオススメします。

 

薬剤師求人協会好評

 

薬剤師の転職で人気の求人というと高収入を稼げるドラッグストアです。病院やクリニックの調剤薬局で働く薬剤師は患者さんに薬を調剤して渡すのが主な仕事となりますが、ドラッグストアの場合、市販されている薬の相談の他にも日用品や食料品も販売しているので、このような商品を品出ししたり、レジでの接客もあります。

 

ちなみにドラッグストアの初任給は20代でも25万円以上、調剤薬局よりも高くなることが分かります。もちろん、調剤薬局より業務は多くなりますが、それでも店長クラスになると年収600万円以上稼げます。

 

また、ドラッグストアは主婦がパートで高収入を稼ぐ事が出来ます。パートや非常勤になると時給2000円以上稼げるお店が多くありますし、週1〜2回だけ働けるお店もあるので、子育て中のママさんが家事や育児、仕事と両立させながら働けるのも魅力です。

 

このように初任給や時給が高く、ドラッグストアの転職は魅力はありますが、しいてデメリットをあげるなら長時間労働になる点でしょうか。22時や23時まで営業しているお店も多く、閉店後の雑務など終了させて帰宅すると深夜になることもあります。

 

ただ、交通費支給や育児手当、役職手当など福利厚生が充実しているお店が多く、働きやすさはあります。また、未経験者や管理者経験のない薬剤師でも働けるお店は多数ありますし、求人数も多く、全国のドラッグストアが求人を募集しています。ですから、旦那さんの転勤で引越しをした場合でも引越し先のドラッグストアのパートや非常勤を簡単に探せます。

 

在宅薬剤師とは

在宅薬剤師の求人

 

薬剤師は在宅でもできる事を知っていますか?薬剤師というと多くの人は薬局で働いているイメージがあるかもしれません。でも、意外にも薬剤師は在宅でも仕事ができるのです。ここでは在宅薬剤師の仕事について見ていきましょう。

 

・在宅薬剤師の仕事

 

在宅薬剤師の仕事は何をするかというと、自宅で調剤をするわけではありません。かかりつけ医師、ケアマネージャー、看護師、その他医療機関との連携や医師や消費者から医薬品に関して質問を受けてそれに答える。副作用や薬の飲み忘れの有無の確認。海外で使われている医薬品についての最新の情報や研究論文を翻訳して、日本語に直して分かりやすくまとめるなどがあります。

 

・どこに求人があるの?

 

在宅薬剤師の求人をどこで見つけたらよいかというと、転職サイトでも調剤薬局での在宅業務の求人は見つかります。その他では、病院や行政機関が思いつくと思いますが、そこではなく、製薬会社やその他の医療に関係するメーカーで求人を見る事ができます。なぜこういう所で募集しているかというと、自社の製品に関する問い合わせに迅速に対応できるようにする事が目的です。在宅薬剤師に海外の文献の翻訳を任せたり医薬品に関する情報収集をアウトソーシングという形で頼む事で、現場で働く薬剤師の仕事の効率を上げる事が可能になります。

 

在宅薬剤師はまだメジャーではありません。ただ、将来的には企業がうまく事業の中に取り込んでクライアントが、満足するようなビジネスに発展していくかもしれません。そうなってくると、在宅薬剤師の求人は増えていくでしょう。薬剤師の仕事は調剤以外にも活躍の場は様々です。高齢社会のなかで、まだまだ少ない在宅薬剤師ですが時間の都合もつけやすいですから、手間のかかる小さな子供がいる人にも最適な仕事になるかもしれません。

 

薬剤師の必要性

薬剤師転職協会

 

登録販売者という資格が誕生したことによって、薬局などの店舗では薬剤師のみにしか働くことができないものといわれていましたが、登録販売者という資格が誕生したことによって、薬剤師ほどの知識はないものの、薬を販売するための知識を身に付けているという証しでもあるため、薬剤師は必要ないと登録販売者を積極的に雇用する薬局やドラッグストアが増えてきたことによって、薬剤師の資格を持っているものの、働くことができる仕事先が限られているといった方も多くなってきています。

 

薬局やドラッグストアなどでは、市販されている薬を販売するためには、薬についての知識が必要となってくるため、店舗に必ず薬剤師を働かさなくてはなりませんでしたが、雇用する側にとっては、必要な薬剤師を確保するためにはコストがかかりすぎてしまったり、人件費などが多くかかりすぎてしまうため、頭を抱えてしまうといった経営者も多くいましたが、登録販売者という資格が誕生したことにより薬剤師のかわりに働かせることができるため、薬剤師の必要性が問題視される形となってしまいました。

 

しかし雇用する側にとっては、人件費などを抑えるために薬剤師の数を減らしたとしても、薬を購入する側にとっては、薬についての知識が豊富な薬剤師がいる薬局やドラッグストアなどで購入する方がいいと考えているお客も多いため、質の高いサービスを提供していくために薬剤師の数を増やしている薬局やドラッグストアも増えてきているため、薬剤師という職業はどの時代でも必要不可欠な資格といわれています。

 

(薬剤師求人協会高給/薬剤師求人サイト好評ベスト5社)